全てのいのちは地球を母に持つチャイルド

チャイルドケア<いのちのケア>を考える

チャイルドケア研究所は、自然療法と家庭教育を、子育て・家庭・生活・人生のケアを提案する「チャイルドケア」(1997~)を体系づけた松本美佳が主宰する活動の名称です。

 

チャイルドケアの学習など主な活動は「チャイルドケア共育協会」で行っていますが、公にする以前の個人活動として、【7つのコンセプト】【5つのキョウイク】【3つのステージ】でいのちのケアを探求し、学び続けるために、そして様々な可能性を見出すために設けています。

 

また、女性として生を受け、娘として、妻として、母として、そして「いのち」の観点から、個人的な発信の場としています。

チャイルドケアの学習関連の中心は、チャイルドケア共育協会で行っています。

 

当研究所では、チャイルドケアに興味を持っていただくために、またチャイルドケアの受講経験のある方のさらなる探求のために、課題を深めたり、個別に対応するために設けています。


チャイルドケア関連ニュース


チャイルドケア共育協会

2020年 1月11日 チャイルドケア共育協会スタート!

「チャイルドケア」は、1997年に自然療法松本鍼灸接骨院の中で

自然療法と家庭教育を取り入れたホームケアの普及としてスタートしました。

 

その内容が口コミで広がり、2000年 日本アロマコーディネーター協会から「チャイルドケアホームワーク通信講座」として開講され、
開講20周年を機に、さらなる可能性を広げるために協会を設立しました。 

 

チャイルドケアは、小さな子どものためのケアではなく、

全てのいのちは、地球を母とする「チャイルド」とし、いのちの総称を「チャイルド」とし、

その「いのちのケア」を考えていくことを言います。
幅広い分野の知識とと深い見解で考え、
様々な方法やツールを使いながら、実践する家庭学習を提案しています。ひとりひとりの意識を高く深くすることで、いのちの調和、循環されることを「健康」「幸福」を目指すことができると考えています。

 


チャイルドケア研究所主催&共催スケジュール

 

日程 カテゴリー タイトル 詳細
2020年2月15日(火) 勉強会(共催) シュタイナー読書会【星と人間】① こちら
2020年3月1日 (日) 勉強会 赤ちゃん人形の里親さん限定 シェア会 こちら
2020年3月15日 (日) 勉強会 CCFE受講者のための勉強会 シェア会 こちら
2020年3月24日(火) 勉強会(共催) シュタイナー読書会【星と人間】② こちら

2020年3月18日 (水)

五感★塾 糸かけ曼荼羅アートワーク こちら

2020年4月15日 (水)

五感★塾 ソフトパステルで名画を模写する こちら

2020年4月25日(土)

イベント チャイルドケア共育協会 イベント  

チャイルドケア研究所代表 松本美佳 プロフィール

自然療法治療室 松本鍼灸接骨院 セラピスト

ナチュラルセラピースクールM’s touch 代表

チャイルドケア共育協会 企画・監修・本部講師

日本家庭教育学会 常任理事

家庭教育支援協会 理事

 

極小未熟児として誕生した長女の育児に自然療法と家庭教育を積極的に取り入れていく。さらに自然療法を取り入れたセラピストとして活動していく中で、クライアントの様々な痛みの中に「家庭」「ホームケア」の在り方で緩和できること考え、その中心軸にある「生活<ライフ>」に着目し、さらに「環境」「いのち」「生きがい」「人生」「魂」まで幅広くとらえ、全ての「チャイルド」の幸福は、すべてのいのちの調和と循環とし、それを「チャイルドケア」と体系づけ、
日夜学びを深め、提案している。チャイルドケア活動歴24年目(2020)に突入。